脂肪注入法による豊胸手術のメリット

豊胸手術では目的に応じて選択が必要ですが、大幅に大きくしたい場合にはバッグ挿入法を選択することになります。バッグの大きさにより自由にサイズを決めることができるため、特に大きなバストを目指す場合には最適な方法となります。しかし時間の経過と共に型崩れや破れてしまうこともありますし、バッグには寿命がありますので手術後に悩みを持つ人も多いと言えます。現在では切らないプチ整形が注目されていますが、豊胸手術にも切らずにできる方法があります。

脂肪注入法が切らない豊胸術となりますが、注入するだけですから手術後もそのまま帰宅できる手軽さに魅力があります。バッグ挿入法に悩みを持つ人も、バッグを取り出した後すぐに注入することが可能ですから、悩みの解消にも使用することが可能です。一般に脂肪注入法では2カップ程度までが限界となりますが、個人差によって変わる部分となります。注入した脂肪は一定量は吸収されますので、注入した量のうちどれだけ定着できるかが効果の差となってきます。

バストはそのほとんどが脂肪となりますので、脂肪を注入する方法は安全性の高い方法と言えます。脂肪注入法ではすぐに元に戻ってしまう場合がありますが、脂肪の注入量が少ないと元に戻りやすくなりますので、注入量がポイントになってくるといえます。たくさんの美容クリニックがありますが、脂肪注入を行う際には知識や技術力の豊富なクリニックを選ぶことが大切です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*