美容整形のリスクについて

コンプレックスの解消に最も効果的な方法として美容整形手術があります。一重の重たいまぶたを、ぱっちりとした二重まぶたにしたり、低くて丸い鼻をすらっと鼻筋のとおった鼻にしたりと、希望通りのデザインに仕上げることができます。コンプレックスを解消することによって、自分に自信が持てるようになり、性格が明るくなったり、社交的になるというメリットもあります。しかし、美容整形手術には必ずリスクが伴います。

まず麻酔のリスクです。美容整形手術においては、ほとんどの手術において麻酔を使用します。麻酔は痛みを感じなくするための薬で、一定の時間が経つと徐々に効果が無くなってきて、再び元の状態に戻ります。しかし、場合によっては、麻酔によって麻痺が残ってしまったり、感覚が戻らないということもあります。

他にも、切開を必要とする手術の場合、縫合跡が目立ってしまったり、縫合部分が突っ張ってしまうなどのリスクもあります。あまりにも傷跡が目立つ場合には、再度修正手術などで、傷跡をカバーするような手術を行います。再手術を繰り返すことによって、経済的な負担も大きくなりますが、体への負担も大きくなり、よりリスクが高まります。デザインが希望通りに行かなかったということも少なくありません。

二重のラインが希望通りにならなかったり、左右で差が出てしまうなどもよくあるトラブルです。きちんとしたカウンセリングが行われなかったことも原因になりやすいので、丁寧なカウンセリングを行う信頼できる医師を頼りましょう。豊胸のことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*