眼の下のたるみやふくらみも美容整形でスッキリ

眼の下の脂肪は膜につつまれていてこの膜が衰えてきてゆるみ、前に飛び出してくると膨らみとなります。そのため、この膜につつまれた脂肪を美容整形により除去できればスッキリとした目元が復活します。下まぶたの裏側の粘膜に極小の穴をあけたらそこから器具を差し込んで除去していくのが通常です。外側には一切、手をつけないので傷跡が表にのこらないのが魅力です。

しかし、ひとつだけ問題があり膜につつまれた脂肪は3つに分かれていて中央部分の脂肪の除去は簡単ですが両サイドの脂肪は高い除去技術が必要になります。そのため、美容整形医によっては真ん中だけ除去して終了する人もいるので注意が必要です。もちろん、真ん中だけ除去して満足いく効果が得られるわけがありません。中央の部分だけすっきりするわけですから凹みができてしまうのです。

キレイな仕上がりにするには脂肪を両サイドも含めバランスよく丁寧な施術で除去していくことが必要になります。そのためには豊富な症例に基づいた高い技術と長年の職人的勘を持ち合わせている美容整形医を選ぶことが大事です。この手術は点滴麻酔で痛みもなくリラックスして受けることができます。下まぶたを引っ張った時に見える赤い粘膜の部分に高周波機器で穴をあけて高精度な器具を使い除去していくものです。

粘膜の穴は縫合不要で自然とふさがるので心配ありません。目の下を切開する方法とどちらがいいのかよくカウンセリングで話し合いをしたうえで選択することが重要です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*