個性を生かして理想に近づく美容整形

ひとくちに二重まぶたの美容整形といってもどのようなものが理想かは人それぞれ違ってきます。ですから、手術前のカウンセリングが重要です。自分にとっても理想の目とはどのようなものかをきちんと見極めることが大切です。美容整形医は職務上、美しさの基準というものを持っていますが、それはあくまでも統計上のものにすぎません。

ちなみに統計上の理想の目というのは左右の大きさが約3cmで顔の横幅を10とすると目の比率は2が理想で2.5までは許容範囲です。上下の長さは1cmが理想で目と目の間隔は3cmですから左右の目の間にもう一つ目が入るぐらいが理想とされています。しかし、誰にでもあてはまるものではなくあくまでも目安です。だからこそ自分にとっての理想の目がどういうものかを医師と共に話し合うことが大切で、言葉で伝えるのは難しいですから理想とする女優さんやモデルさんの写真をもっているというのも有効な手段になります。

どのような仕上がりにするかという点では納得いくまで話し合うことが重要です。カウンセリングではブジーといいわれる針金のような器具をまぶたにあててラインをシミュレーションしていきます。それをもとに話し合いを重ね二重のラインが決定します。こうしてイメージが固まるとより細かいデザインを行うのです。

カウンセリングで決定した理想のラインを形作るための設計図のようなもので、クリニックにより手法は異なります。イメージした通りの繊細な仕上がりが期待できる設計図はどれかを見極めることで個性をいかしたナチュラルなラインになり美容整形しましたという仕上がりになることもありません。最近少しメイクをかえてみたとサラリといえるくらいの自然な仕上がりが手に入るのです。卒乳後の豊胸のことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*