ねずみは臆病、退治の仕方

ねずみが稀に自宅に侵入して、巣をつくってしまうという厄介なトラブルに遭遇するケースがあります。ねずみが侵入する原因は、換気して網戸すら閉めていなかった時に侵入した、何処か家に空洞があり、そこから侵入した、屋根裏から侵入したなど、いくつも入り込む隙はあります。もしもねずみが自宅に入り込んでしまった時には退治する必要があります。ネズミは不衛生で菌を身体にまとわり付けています。

牙にも毒がありますから、可能な限り早い時間で追い出すか、退治はした方がストレスは除去できます。ペストなどの流行病の心配は一切ないようですが、やはり毒や菌は持っていますから、注意したいのです。しかし、ネズミはかなり臆病であり、自分から人間を襲うようなことはないのです。ですので、ネズミに噛まれてしまうケースはごくごく稀です。

聴覚が鋭いために、音がするだけでも逃げるくらいの臆病さがありますから、家に侵入したら頻繁に大きい音を出していくと自然にいなくなる事があります。退治するならば、ネズミ専用の駆除剤を使用する術もあります。ネズミが食べそうな物に駆除剤を混ぜて、現れるところの近くに餌を置いておけば、勝手に食べます。しかし、出来るならば追い出す方が衛生的に心配がないのです。

仮に駆除剤を混ぜた餌を食べたネズミが何処へいくのか考えてみると、屋根裏に巣をつくってあるならば、そこで死滅されては不衛生です。出来るならば駆除剤の使用は奥の手と考えても良いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です