ねずみ退治を怠る危険性

ねずみによってもたらされる被害は様々ですが、家にねずみが棲みついているのに退治しないまま放置してしまうと、様々な被害を引き起こします。家などに侵入して棲みつくイエネズミであるクマネズミが多いですが、ノミやダニが寄生しているので、巣を捨てた時や死んでしまった時に、家に住んでいる入居者に寄生してくることもあり、イエダニに刺されてしまうと、赤くただれてしまい、跡が残ることがあります。ねずみ退治を怠る危険性はノミやダニだけでなく、電気コードをかじってほこりなどが銅線についてしまったり、電気コードの中の銅線に尿を掛けられてしまうことで、火災が起きる原因につながります。ねずみは雨風を防ぐことができるだけでなく、外敵から身を守ることができ、えさにも困らない環境が家などは整っているので、退治しないまま放置すると、棲み続けることがあります。

クマネズミなどがえさを食べに食卓やキッチンなどを徘徊して、糞や尿を撒き散らしてしまうと、糞や尿の掃除が不十分で、調理済みの料理を入れる容器が汚染されたままだとサルモネラ症やレプトスピラ症、ハンタウィルスに感染することがあるので、床などに撒き散らされた糞は手袋を着用してから、料理を入れる容器などは消毒液につけるなど徹底して綺麗にすると糞や尿などによる感染症を防ぐことが可能です。イエネズミには、人に噛み付いて感染症を引き起こすドブネズミもいるので、業者にねずみ退治を依頼するなど対策をしないと感染症に寄る被害に脅えながら家で過ごす庫になります。超音波でカラス対策のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です