カラス駆除に有効な方法は?

都会、田舎に限らず街中を飛び回り、ゴミステーションを荒らすカラス。

繁殖期になると普段よりも攻撃的になり、人を襲うこともあり、人間が反撃しようものならその顔を覚えて執拗に危害を加えてくる害獣です。しかし、許可なくカラスを捉えて処分すると鳥獣保護法という法律に違反したことになり、罰せられてしまうので迂闊に手を出すこともできません。ここではカラスを捉えることなく、効率的に追い払うことのできるカラス駆除方法を紹介します。まず、テグス糸を張る方法があります。

カラスは足に絡まってしまうような見えない糸を嫌います。ベランダなどにカラスがとまって困っているならば、百円ショップなどで売っている安くて太い釣り糸などを一本貼っておくと効果的です。また、CDを吊り下げるのも有効なカラス駆除の方法です。

カラスは視力が優れているため、CDが反射する光がまぶしくてその近くには近寄らなくなります。ただし、ずっと同じ向きにしているとカラスは光が当たらない場所を覚えて効果が無くなってしまうので、風で回転するように糸で吊り下げたり、定期的に向ける場所を変えるなどの工夫が必要です。そして、ゴミステーションをカラスがあさるのが問題なのであれば、ゴミをあさることができないようにするのが何よりも効果的です。費用は掛かりますが、ネットをかけたり、フェンスで覆うようにするとカラスはそこで餌を得ることができないと学習しますので有効なカラス駆除の方法となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です