カラス駆除で気をつけたいこと

地域のゴミ捨て場や、ベランダに飛来してゴミ袋を食い破ったり、大きな鳴き声で騒音被害を出したりと、何かと都会・市街地問わず問題になっているカラス。

何かにつけて厄介なカラスですが、カラス駆除の際に気をつけなければならないこととして、カラスは野生動物であるため「鳥獣保護法」により、許可なしにみだりに捕獲・処分することはできません。そのため、民間で手軽にできるカラス駆除方法とは「近寄らせない・追い払う」という対策が最優先となります。しかし、いくら知能の高いカラスといえど、彼らにとって恐ろしい存在というのは実は人間なのです。そのため、行う対策として、まず地域のゴミ捨て場の場合は、地域団体での協力が必要となりますが、定期的な清掃、半透明の袋(カラスは視覚でエサを判別しますが、同時に視力が弱くビニール袋を半透明にするだけで判別しにくくなります)、専用の網・ネットを用いるなど、寄り付かせない環境作りが欠かせません。こういった対策を行っても、最初のうちはそれまでの習慣があるため寄ってきますが、徐々にエサにありつけないことが分かると、寄り付きにくくなっていきます。

ベランダに寄り付くようになった場合のカラス駆除は、やはりゴミ袋の一時置き場となっているところを狙うのが大半です。ポリバケツやボックスに入れてそもそも荒らすことができないようにしましょう。また、隠れ家となりやすい室外機の周りにあまり物を置かないようにします。頻繁にベランダを見回るようにして何度か脅かしていれば、怖がって次第に寄り付かなくなります。洗濯物用のハンガーを置いたりしている方も、やはり巣材として重宝している素材をわざわざ提供しているようなものなので、洗濯物で使っているハンガー以外の余ったものは、カラスが触れないようにケースに全てしまうようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です