カラス退治、ハシボソカラス編

普段見かけるカラスは主に2種類います。

くちばしが大きく、体も大型のハシブトカラスと、それよりは少し小型でくちばしが細いハシボソカラスです。どちらも雑食性で、特に住み分けをしている訳ではありませんが、ハシボソカラスは歩くのが得意で、こつこつ捕食するタイプです。もちろん、ごみ漁りもしますが、河川敷で石を一つ一つひっくり返して、その下にいる虫を食べたり、公園や雑木林で落ち葉をひっくり返して、どんぐりなどの木の実を食べたりもします。

それだけならカラス退治する必要もありません。ですが雑食性でなんでも食べるので、一番困るのは収穫間近な農作物を荒らされてしまう事です。歩くのが得意なハシボソカラス退治に必要なのは塩ビパイプとテグスです。農作物の植わっている土地をぐるりと囲むように塩ビパイプを垂直に立てます。間隔は狭い方が良いでしょう。ホームセンターやリサイクル品でも大丈夫です。安価で手に入ります。その上を1メートル間隔の格子状にテグスで蓋をするのです。いくら歩くのが得意なハシボソカラスでも滑る塩ビパイプに縦にとまることはできませんし、天井のテグスの1メートルというのはちょうどカラスが羽を広げて入れない大きさなのです。警戒心の強いカラス退治には普段ない物を置くという行為が効果的です。ですが、置きっぱなしだと慣れてしまいますので、定期的に変化をもたらすと良いでしょう。また、ごみ漁りをするカラスに対してはネットをかけるなどするのが安価で効果が大きいです。食事が出来なければ、その場所を離れますので、結果的にカラス退治になります。
超音波でカラス駆除のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です