ハト駆除は業者に相談

ハトは建物の屋根やベランダなどに巣を作って住みついたり、巣は作らなくても侵入してくる場合があります。

ハトは直接人を攻撃する事は基本的にありませんが、住みつかれてしまうと食べ物を持ち込んできたり糞や尿によって衛生状態が悪くなってしまいます。悪臭が発生したり建物が劣化してしまうと経済的な損失も出ますし、精神的なストレスにもなってしまいます。またハトが病原体を持ち込む可能性もあって建物に住んでいる人や利用している人が感染症に感染する可能性もあります。このような被害が出ないようにするにはハトが侵入したり、巣を作っている事に気づいたら少しでも早く対処する事が大切です。ハト駆除が目的だとしてもハトを傷つけるような方法で駆除する事は法律で禁止されています。これは鳥獣保護法という法律がある為です。

ハト傷つける方法で駆除するのは鳥獣保護法に違反する行為ですが、ハトが侵入しないように対策する事自体は問題ありません。しかしハトが近づかないように対策したものの効果がない場合はハト駆除を行ってくれる専門の業者に依頼するべきです。駆除業者も基本的には追い払う形で対策しようとしますが、設備やスキルがあるので素人が行うよりも効果が高いです。もし追い払う事ができない場合に限って業者がハト駆除をする許可を得て捕獲などの方法でハト駆除を行います。これは許可を得ていない個人が勝って行う事ができないので、簡単な対策で効果がない場合は迷わず業者に相談するべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です