ハト駆除には徹底した忌避対策が重要

ハトは平和の象徴として親しまれている反面、住宅の軒裏やマンションのベランダなどに住み着いて、フンなどで多大な被害を及ぼす害鳥とされることもあります。

ハトのフンには恐ろしい感染症を引き起こす病原菌が潜んでいることもあり、単に住宅周辺が汚される以上の被害が出る可能性があります。明け方まだ暗いうちからの鳴き声や、頻繁な羽ばたきの音も安眠を妨げ、不眠症の原因になることもあります。放置したままでは思わぬ健康被害に発展することもあり、深刻化する前にハト駆除を徹底させることが大事です。ハト駆除といっても、鳥獣保護法の手前ハトを殺傷することはできませんので、ハト除けの対策グッズや忌避剤などを利用して、ハトを住宅に寄せ付けない方法で行います。

マンションのベランダへの飛来を防ぐには、防鳥ネットが効果的ですが、景観の関係で設置できない場合、手すり用のスパイクを設置したり、テグスを張り巡らすという方法もあります。鳥が嫌うキラキラ感のあるホログラムテープと併用することで忌避効果が高まるとも言われています。木造住宅の軒裏などに巣作りを始められてしまった場合、完成させないうちにハト駆除を実行することが重要です。破損箇所を早急に塞ぐことが重要ですが、すぐには難しい場合、スプレーや吊るすタイプの忌避剤を使って、まずはハトを寄せ付けないようにしておきます。既にフンをされてしまっている場合は、乾燥したものを吸い込まないよう高性能のマスク等で完全防備の上、徹底清掃します。ハトは執念深い面がありますので、一度巣にしたいと思った場所には何度も飛来します。巣には不向きとハトに諦めさせるためにも、清潔にしておくことは大変重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です