高まる一方なハト駆除の必要性

日本では鳥獣保護法があるため、みだりに動物を捕獲したり退治したりすることはできません。

この法律のおかげで、ペットは安心して暮らせますし、美しい自然の生態系が守られています。しかしこれを悪用するように、害獣や害鳥が幅を利かせているのも事実です。その最たるものとして、各地で被害をもたらしているのがハトに他なりません。平和の象徴というイメージとは裏腹に、大変厄介な性質を持っています。このためハト駆除は、社会的な関心を持たれるようになりました。元々鳥類は賢いものですが、長年人間と共に暮らしてきたハトは、自分たちが生き延びる術を心得ています。昼間は公園で過ごし、ベンチで休んでいる人から餌を貰って暮らしているのは、その表れです。

しかも伝書ハトやイベントによって放される事例は後を絶たず、繁殖力も旺盛なので増え続けています。加えて町中では天敵となる動物もいないため、害鳥にとってはまさしく楽園です。残された手段は人間によるハト駆除ですが、それも法律の壁が立ちはだかります。では、どのようにして対処すればいいのでしょうか。幸いなことに、国内では法律に基づいて対応してくれるハト駆除の専門家が営業しています。ここに依頼することで、法律に違反することもなく、効果的な手を打ってくれますので、非常に有用です。今後は鳥インフルエンザの媒介となることも考えられ、ますます危険性が増すことは間違いありません。迅速にハト駆除を依頼して、平穏な生活を守っていきましょう。
カラス対策のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です