ハト駆除をしない不衛生なベランダ

ベランダに物が散乱しているといつの間にかハトが卵を産んでいることがあります。

一番多いのがバケツの中や空っぽのプランターの中です。ハトの卵は小さくて一見すると可愛らしいのですが、もし雛が産まれてしまうとハトが居つくのでフンや毛でベランダの衛生状態が悪くなります。行政に連絡をするとすぐに撤去するようにアドバイスされます。ハト駆除は雛の世話が始まると情がわくので難しくなります。卵のうちに勇気を出してハト駆除をすれば、ベランダの衛生環境を保つことができます。ハトは大きいので、早朝からベランダにくると少し鳴かれるだけで寝不足になります。ハトの声は近隣の住民にも迷惑になるので、増える前にハト駆除を行って、静かな環境を作ることが大切です。

一般的にキジバトが多いのですが、これらは土の中の虫を食べたりするので、フンには細菌やウイルスが繁殖しています。そのため乾燥したフンを吸い込んだだけで高熱が出たり、肺炎のような重い症状がでることもあります。とくに高齢者が住んでいる場合は、ハトがベランダに棲みつくのは阻止しなければなりません。また近所の住民の中に毎日餌を与える人がいる場合は、自治会などに相談をして注意を促すとともに、行政に相談をして餌やりを禁止する看板を立てることも効果的です。無責任に餌を与え続けると繁殖しすぎてしまうので、近くの神社仏閣や公園の遊び場がフンだらけになって、衛生状態が劣悪になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です