ハト駆除はベランダをきれいにすることから

毎日ベランダにハトが来ているという人は要注意です。

すぐに片付けをしないと卵を産んで雛を育てることがあります。一度、巣を作ってしまうとなかなか離れようとしないので、フンや羽でベランダが不衛生な状態になります。自治体に相談をするとすぐに巣を撤去するようにアドバイスをされますが、卵があるものをおいそれと撤去できるかというと、良心がじゃまをしてできなくなることもあります。せっかく巣を作って卵を産んだのに撤去したらかわいそうだ、と思ってしまいがちですが、放置してしまうと居ついてしまうので、ハト駆除はできなくなります。フン害は近所迷惑でもあるので、より良い生活環境を考えるならば、巣ができたらすぐに撤去をして、二度とベランダに来ないようにネットをしてハト駆除をするのがベストです。

ハトは野鳥なので、勝手に駆除をして食べてしまったりすると、法律上の問題が発生することもあります。よくハトを虐待とか、ハト屋敷などという話題で世の中を騒然とさせることもありますが、こんなことになる前に、家の回りをきれいにして、ネットなどを使って、ハト駆除を行わなければなりません。うっかり雛がかえってしまうと、情がわいてしまって、よけいに駆除が難しくなります。その前に心を鬼にして駆除をしないと必ず後悔をします。もう一つ気をつけたいのが、ハトに餌をあげることです。自然に暮らしていても十分に餌があるので、パンの耳などをあげるとものすごい繁殖力になって、住民たちを困らせることになります。
カラス駆除のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です